Reviews

バッキー・ピザレリをゲストに迎えたジャズ・アルバム『イン・フル・スウィング』(In Full Swing)- トニー・コービスチェロ・ビッグ・バンド(Tony Corbiscello Big Band)

infullswing-tonycorbiscello-bigband-cover

『イン・フル・スウィング』(In Full Swing)は、トニー・コービスチェロが率いるトニー・コービスチェロ・ビッグ・バンド(Tony Corbiscello Big Band)が1999年にリリースしたアルバムである。
まずはこの作品を語るに欠かせないトニー・コービスチェロについて説明しよう。

トニー・コービスチェロ(Tony Corbiscello)は、1952年9月1日生まれのドラマーである。
ニュージャージー州フォートリーで育ち、始めてドラムを触ったのは地元のマーチングバンドで演奏したときのようだ。
その後はポップ・グループに加入したものの、ジーン・クルーパ(Gene Krupa)、バディ・リッチ(Buddy Rich)らに影響され、ジャズに転向。
そこからジャズ・トランぺッターのピー・ウィー・アーウィン(Pee Wee Erwin)の元でジャズについて学び始めることとなる。

アーウィンの協力により、ソニー・イゴエ(Sonny Igoe)から指導を受ける機会を得たトニー。
ソニーはベニー・グッドマン(Benny Goodman)、ウディ・ハーマン(Woody Herman)のバンドで活躍していたドラマーであり、指導者としても高く評価されていた。
彼と腕を磨いたトニーは、フェアリー・ディキンソン大学を卒業後、ニュージャージーやニューヨークでプロとして活動を開始。
1990年初期はジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)、その弟であるマーティン・ピザレリ(Martin Pizzarelli)と演奏を共にすることが多かったようだ。

その後もトニーはバッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli)やニューヨーク・ポップス、アトランタ交響楽団など著名なアーティスト達と共演。
実力と知名度を高めていき、ジャズドラマーとしての地位を築いていった。
そして遂に1990年半ば、彼は自身のバンドであるトニー・コービスチェロ・ビッグ・バンド(Tony Corbiscello Big Band)を結成。
立ち上げからすぐにフランク・シナトラ(Frank Sinatra)が行っていたツアーのオープニング・アクトに選出されると、ローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney)、ジェリー・ヴァイル(Jerry Vale)、ボブ・ホープ(Bob Hope)らと共演し、成功を収めていった。

そんなトニー・コービスチェロ・ビッグ・バンドが1999年に発表したのが、今回紹介する『イン・フル・スウィング』(In Full Swing)である。

古き良きビッグバンドのサウンドが存分に詰め込まれており、ジャズ好きでなくとも自然と耳に入ってくるのが今作の特徴。
ストレートアヘッドな編曲が多く、1930~1940年代のビッグバンドを好む方であれば間違いなく気に入るだろう。

また、このアルバムにはスペシャルゲストとしてバッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli)が参加している。
バッキーがビッグバンドのギタリストとして参加しているアルバムはほぼ存在せず、そういった意味でも『イン・フル・スウィング』は貴重な作品なのだ。
言うまでもないが、彼はここでも最高のバッキングを披露しており、個人的にはフレディ・グリーン(Freddie Green)よりも好みのサウンドをかき鳴らしている。
また、昔ながらのビッグバンド編成では、ギターがソロをとることはほぼないものの、今回はバッキーがソロを4曲プレイ。
バッキングもソロも完成度が高いため、バッキーファンは是非購入を検討してほしい。

もちろん、リーダーであるトニーが奏でる堅実でスウィング感溢れるドラミングもグッド。
若干ドラムの音色が大きくミックスされているため、ビッグバンドのドラムを学習したい人にもうってつけのアルバムだ。
決して有名なアルバムとは言えないが、これから歴史に名を刻むであろう『イン・フル・スウィング』(In Full Swing)。

是非あなたの耳で確かめてほしい。

In Full Swing - Track Listing

No.TitleWriterLength
1.Close As Pages In A BookDorothy Fields, Sigmund Romberg2:32
2.That Old FeelingLew Brown, Sammy Fain2:42
3.I'll Never Say 'Never Again' AgainHarry M. Woods2:19
4.Saturday Night-Is The Loneliest Night Of The WeekJule Styne, Sammy Cahn2:06
5.But Not For MeGeorge Gershwin, Ira Gershwin3:41
6.DreamJohnny Mercer4:18
7.MargieCon Conrad, Benny Davis, J. Russel Robinson2:31
8.When The Sun Comes OutHarold Arlen, Ted Koehler3:56
9.Bikini BossaTolchard Evans2:25
10.Have You Met Miss Jones?Richard Rodgers2:40
11.Johnnie's ThemeTolchard Evans2:14
12.Lady Of SpainStanley Damerell, Tolchard Evans, Robert Hargreaves, Henry Tilsley2:45
13.LoverRichard Rodgers, Lorenz Hart2:59
14.Around TownTolchard Evans4:24

-Reviews
-, , , , ,

© 2022 Tororopizza Music Magazine