Reviews

カントリー・サウンドを基調としたデビュー・アルバム『ジュキン』(Jukin')- マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer)

jukin-themanhattantransfer-cover

『ジュキン』(Jukin')は、マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer)が1971年にリリースしたデビュー・アルバムである。

マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer)は、1969年にティム・ハウザー(Tim Hauser)が中心となり結成したジャズ・コーラス・グループ。
ニューヨークを拠点に活動しており、当時はティムにエリン・ディキンズ(Erin Dickins)、マーティー・ネルソン(Marty Nelson)、パット・ロザリア(Pat Rosalia)、ジーン・ピスティッリ(Gene Pistilli)を加えたメンバーだった。
しかし、彼らは1973年に一度解散しているため、『ジュキン』(Jukin')は、この5名で作った唯一のアルバムである。

マンハッタン・トランスファーを知っている方であれば、ジャズを基調とした楽曲を思い浮かべる人が多いだろう。
実際に彼らはジャズの名曲を多くカバーしており、1981年にはウェザー・リポートの「バードランド」にて、グラミー賞の最優秀ジャズ・フュージョン・ボーカル賞とボーカル編曲賞を受賞。
それ以外でも、カウント・ベイシー楽団の"Until I Met You (Corner Pocket)”を編曲し、こちらもグラミー賞を受賞するなど、これまでに輝かしい功績を収めている。

25枚以上に及ぶアルバムもリリースしており、ジャズを中心としたメインなのは言うまでもないだろう。

しかし、本作『ジュキン』(Jukin')では、カントリー調の楽曲が中心。
この理由について、リーダーのティムは以下のように語っている。

「私とジーンは違うジャンルをやりたがっていたんだ。ジーンはカントリーやウェスタン、R&B、メンフィス・サウンドを愛していた。僕はジャズやスウィング調の楽曲をプレイしたかった。」

これが原因により、バンドは1973年に解散。
ティムは新たなメンバーでマンハッタン・トランスファーを再構築し、大きな成功を収めることとなった。

さて、この『ジュキン』(Jukin')というアルバムだが、様々なレビューを見てみるとあまり評価はされていない。
確かに、マンハッタン・トランスファーのサウンドを期待して購入すると肩透かしをくらう作品ではある。
しかし、もしあなたがアカメラグループを愛し、カントリー調のサウンドを好む方であれば、聞いてみることの価値はあるアルバムと言えるだろう。

Jukin' - Track Listing

No.TitleWriterLength
1.Chicken Bone BoneBobby McKinnon, Gene Pistilli3:20
2.I Need a ManTom Anthony, Gene Pistilli3:12
3.You'se a ViperAnne Rachel, Fats Waller1:59
4.Fair and Tender LadiesA.P. Carter2:41
5.RosiannaTerry Cashman, Gene Pistilli, Tommy West3:03
6.Sunny DisposishPhilip Charig, Ira Gershwin1:41
7.Java JiveMilton Drake, Ben Oakland2:34
8.One More Time Around RosieGeoff Gutcheon, Gene Pistilli4:20
9.Guided MissilesAlfred Gaitwood, Dootsie Williams3:25
10.Roll Daddy, RollGene Pistilli, Garry Sherman2:21

Jukin' - Credit

ティム・ハウザー(Tim Hauser)- ボーカル
エリン・ディキンズ(Erin Dickins)- ボーカル
マーティー・ネルソン(Marty Nelson)- ボーカル
パット・ロザリア(Pat Rosalia)- ボーカル
ジーン・ピスティッリ(Gene Pistilli) - ギター

-Reviews
-, , , , ,

© 2022 Tororopizza Music Magazine