News

ヴァン・ゲルダー・スタジオ(Van Gelder Studio)からお届けする、特別なライブ。

ロン・カーター(ベース)、ジョー・ロヴァーノ(テナーサックス)、アイザイア・J・トンプソン(ピアノ)、ケニー・ワシントン(ドラム)を迎え、2020年11月14日に行われた『ライブ・フロム・ヴァン・ゲルダ―・スタジオ』第一弾。
近日中に第二弾の詳細が公開させるとの情報が入った。

『ライブ・フロム・ヴァン・ゲルダ―・スタジオ』(Live from Van Gelder Studio)は、その名の通りヴァン・ゲルダ―・スタジオからお届けされるストリーミング配信のイベント。
計10回のストリーミング・ライブを予定しており、次回が第二回目の放送となる。
このイベントの特徴は、何といっても「場所」と「出演者」の素晴らしさだ。

配信場所は、ジャズ・ファンであれば一度は訪れたいヴァン・ゲルダ―・スタジオ。
『至上の愛 (A Love Supreme)』、『チェリー (Cherry)』、『ソウル・ステーション (Soul Station)』など数々の名盤が生まれたこの聖地は、ジャズ・スタジオで最も知名度の高いスタジオといってよいだろう。

「出演者」についても、毎回ジャズ・レジェンド達が勢ぞろいしている。
前出したとおり、第一回には世界最高峰のベーシスト、ロン・カーターを筆頭にジョー・ロヴァーノ、アイザイア・J・トンプソン、ケニー・ワシントンが集結。
第2回目の出演者は決定していないものの、レジェンド級が参加するのは間違いないだろう。

続報があり次第、またこちらでお知らせするので、是非楽しみに待っていてほしい。

-News
-, , , ,

© 2021 Tororopizza Music Magazine