Reviews

美しさと繊細さが詰まったスムース・ジャズ・アルバム『キス・アンド・テル』(Kiss And Tell)- マーティン・テイラー(Martin Taylor)

『キス・アンド・テル』(Kiss And Tell)マーティン・テイラー(Martin Taylor)

『キス・アンド・テル』(Kiss And Tell)は、マーティン・テイラー(Martin Taylor)が1999年にリリースしたジャズ・アルバムである。

4歳の頃からギターを始め、8歳になる頃には父バック・テイラー(Buck Taylor)と共にバント活動を行っていたマーティン・テイラー。
15歳からプロとしての活動を開始し、1979~1990年の間はステファン・グラッペリ(Stéphane Grappelli)と共にフランス・ホット・クラブ五重奏団(The Quintet of the Hot Club of France)の一員としても活躍していた。

順調なキャリアを築いていたマーティンだったが、1980年代後半は不遇の時期を過ごし、一時期は所持していたギターを売り払い生活費に充てるほど追い込まれていたそうだ。

しかし、幸か不幸かこのあたりからソロ・ギタリストとしての実力が開花し始め、1992年にリリースしたソロギター・アルバム『アーティストリー』(Artistry)が大ヒット。12週に渡りHMVジャズ・チャートで1位にランクインし、一気に”世界のジャズ・ギタリスト”として認知されることとなった。

恐らく、「マーティン・テイラー=ソロ・ギタリスト」として認知している方が多いだろう。しかし、今回紹介する『キス・アンド・テル』(Kiss And Tell)はコンボ・スタイルでの作品であり、”ジャズで良く見る編成”のアルバムとなっている。

このアルバムの素晴らしいところは、単なるジャズ・アルバムで終わっていないところだ。

ジャズ・スタンダード、ポップス、スムース・ジャズ、ラテン、ソロギターなど様々な楽曲が収録されており、1枚でマーティン・テイラーの魅力が存分に味わえる仕上がりとなっている。マーティンの特徴であるアコースティックで美しいサウンドとフレーズも健在であり、アメリカ系ジャズ・ギタリストとの違いも楽しむことができるだろう。

ゲストとして参加しているミュージシャンも一流のプレイヤー達が集まっている。

まず、サックス奏者としてレコーディングに加わったのが、メンフィス生まれのカーク・ウェイラム(Kirk Whalum)。
クインシー・ジョーンズ、ルーサー・ヴァンドロス、アル・ジャロウ、ホイットニー・ヒューストンらと共演歴があり、グラミー賞ノミネート歴もあるミュージシャンである。

フリューゲルホルン奏者にはフュージョン界で知らぬものはいないであろう、ランディ・ブレッカー(Randy Brecker)が参加。また、トロンボーンにジェイ・アッシュビー(Jay Ashby)、テナー・サックスにはジョージ・ガゾーン(George Garzone)も名を連ねている。
今名を挙げたプレイヤー達は、ジャズを基調としながらもスムースジャズやフュージョン界でも活躍している幅の広いミュージシャンばかり。彼らが集結したことにより、ジャズ・アルバム特有の"堅苦しさ"のない、聴き心地のよい作品が完成することとなったのだ。

本アルバムは『アーティストリー』(Artistry)に勝るとも劣らない高い評価を獲得し、これがきっかけでマーティンはレコード会社であるザ・ギター・ラベル(The Guitar Label)とアルバム7枚の契約を勝ち取ることとなった。

Kiss And Tell - Track Listing

No.TitleWriterLength
1.Kiss and TellMartin Taylor5:11
2.You've ChangedBill Carey, Carl Fischer4:48
3.The Odd CoupleSammy Cahn / Neal Hefti7:55
4.Garden of DreamsCarol Novack6:09
5.What a Friend We Have in JesusCharles C. Converse, Joseph Scriven1:01
6.Midnight at the OasisDavid Nichtern3:58
7.Mona LisaRay Evans4:53
8.Five-OMort Stevens6:13
9.SunstepAntonio Forcione4:16
10.GingerMartin Taylor6:38
11.Midnight VoyageJoey Calderazzo4:16
12.The Nearness of YouHoagy Carmichael / Ned Washington11:25

Kiss And Tell - Credit

マーティン・テイラー(Martin Taylor)- ギター
カーク・ウェイラム(Kirk Whalum)- ソプラノサックス
ランディ・ブレッカー(Randy Brecker)- フリューゲルホルン(Track 11)
ジェイ・アッシュビー(Jay Ashby)- トロンボーン
ジョージ・ガゾーン(George Garzone)- テナーサックス
クリス・ケント(Chris Kent)- ベース
エディ・ゴメス(Eddie Gómez)- ベース
アル・フォスター(Al Foster)- ドラム
エリック・ダーケン(Eric Darken)- パーカッション
ジョン・キャッチングス(John Catchings)- バイオリン
デイビット・デイビッドソン(David Davidson)- チェロ
クリスティーン・ウィルキンソン(Kristin Wilkinson)- ヴィオラ

-Reviews
-, , , , ,

© 2021 Tororopizza Music Magazine