Reviews

フルート・クラリネット&ギターのデュオ作品。巨匠二人が奏でるジャズ・アルバム『ア・フラワー・フォー・オール・シーズンズ』(A Flower For All Seasons)- エディ・ダニエルズ(Eddie Daniels)

aflowerforallseasons-cover-a

『ア・フラワー・フォー・オール・シーズンズ』(A Flower For All Seasons)は、エディ・ダニエルズ(Eddie Daniels)とバッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli)が1973年にリリースしたアルバムである。

この作品を紹介する前に、まずはこの優れた2人の奏者を紹介しておこう。

エディ・ダニエルズ(Eddie Daniels)は、1941年10月19日生まれの楽器演奏家。
ニューヨーク市内のブルックリンで育った彼は、10歳の時にアーロン・サックス(Aaron Sachs)からアルトサックスを習い始める。
13歳からはクラリネットのレッスンも開始し、その2年後にはニューポート・ジャズフェスティバルの青少年コンテスト部門に出演。
大学はニューヨーク州に本部を置くジュリアード音楽院に入学し、修士号を取得している。

1966年、エディはサド・ジョーンズ / メル・ルイス・ジャズ・オーケストラに入団し、約6年間ここに在籍。
この間はテナーサックス、クラリネット、さらにはフルートも演奏していたようだ。
1980年以降は主にクラリネットを演奏することが多くなり、1989年にはロジャー・ケラウェイ(Roger Kellaway)が編曲を行った”Memos from Paradise”の演奏にて、自身初のグラミー賞を獲得している。

その後も精力的に活動を続け、2001年はゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド(Gordon Goodwin's Big Phat Band)の1stアルバムに収録された”Sing Sang Sung”にて超絶なクラリネットソロを披露。
また、2ndアルバムでは"Mozart 40th Symphony in G minor”、3rdアルバムでは"Under The Wire"のソロを担当するなど、現在ではビッグ・ファット・バンドに欠かせない存在となった。

次に紹介するのは、7弦ギタリストの使い手として名高いバッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli)

17歳からプロギタリストとしての活動を開始し、1970年以降はベニー・グッドマン(Benny Goodman)楽団、ステファン・グラッペリ(Stéphane Grappelli)、サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)などと共演し、サイドマンとして数々の名盤に参加している。
バッキーはソリストとしても素晴らしいが、特に高く評価されているのが彼の伴奏だ。
伝統的な4つ切りバッキングを得意とし、楽曲をスウィングさせる能力は世界No.1といっても過言ではない。
2020年に亡くなってしまったものの、元祖リズムギタリストとして知られるフレディ・グリーン(Freddie Green)に次ぐ存在として、歴史に名を刻んだ演奏家である。

さて、ここからは『ア・フラワー・フォー・オール・シーズンズ』(A Flower For All Seasons)の内容について説明していこう。

本作はエディ・ダニエルズの三作目のリーダー・アルバムであり、1973年2月に発表された作品である。
前述のとおり、エディは1980年以降クラリネットを中心に演奏しているが、このアルバムではフルート、アルトフルート、クラリネット、バスクラリネットの4つの楽器を使用。
ボーナストラックを含めると全15曲が収録されており、そのうち9曲でフルート(アルトフルート含む)、3曲でクラリネット、3曲でバスクラリネットをプレイしている。
フルートを演奏している割合が多いため、エディのクラリネットを期待している方は少し注意が必要だ。
しかし、逆に言えばエディの様々な側面が楽しめる作品とも言える。
特にフルート奏者であれば、エディの超絶技巧は一聴の価値アリだ。
もちろん、クラリネットがフューチャーされた3曲も高い完成度を誇っており、クラリネット奏者にもお勧め。

バッキーのスウィンギーな伴奏も素晴らしく、エディとの相性も抜群。
7弦ギターだけでなく、アコースティックギターも使用しており、こちらでも安定感のあるバッキングを披露している。

A Flower For All Seasons - Track Listing

No.TItleWriterLength
1.SamiaLes McCann3:40
2.AfterthoughtEddie Daniels, Bucky Pizzarelli5:01
3.Entr'acteJacques Ibert3:31
4.EmilyJohnny Mandel, Johnny Mercer3:25
5.Etude No. 14 In F Minor, Opus 25 No. 2Frederic Chopin3:54
6.Variations On An Autumn ThemePat Williams1:25
7.As Long As I LiveHarold Arlen, Ted Koehler3:19
8.Two For The RoadHenry Mancini, Leslie Bricusse1:35
9.Blue BossaKenny Dorham3:17
10.Wistful MomentRoland Hanna4:13
11.ShineFord Dabney, Cecil Mack3:07
12.A Flower For All SeasonsRoland Hanna4:15
13.Samia (Take 2)Les McCann3:55
14.Blue Bossa (Take 2)Kenny Dorham3:23
15.Samia (Unpublished Take)Les McCann4:14

-Reviews
-, , , , , ,

© 2022 Tororopizza Music Magazine