Reviews

ディズニー映画の第二黄金期を築いた大ヒット作品『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)の、ユーモア溢れる音楽たち - アラン・メンケン(Alan Menken)

『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)- アラン・メンケン(Alan Menken)

ウォルト・ディズニーが1923年に設立したウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)は、世界でも最も有名なアニメーション・スタジオである。
ディズニーは2023年で設立から100年となるわけだが、その長い歴史の中で「黄金期」と呼ばれる期間が2つある。

まずひとつが、『シンデレラ』、『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『眠れる森の美女』、『101匹わんちゃん』などを誕生させた1950年代だ。
しかし、ウォルト・ディズニーが死亡した1966年から徐々に低迷期に突入。1973年に発表した『くまのプーさん』以降、思うような結果を残すことが出来ずにいた。

その暗黒時代を脱出するきっかけとなったのが、1989年に発表された『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)。この後ディズニーは『美女と野獣』、『アラジン』、『ライオン・キング』などを製作し、第二黄金期を築くこととなった。
この「ディズニー・ルネサンス」とも呼ばれる時代を作った人物の中で、忘れてはならない人物が二名いる。
それが、『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)の音楽を担当したアラン・メンケン(Alan Menken)と、ハワード・アッシュマン(Howard Ashman)だ。

アラン・メンケンは、1949年7月22日生まれの作・編曲家。
ニューヨーク州のマンハッタンで誕生しており、幼少期からピアノ、バイオリンのレッスンを受けていた。9歳になるころには既に作曲を始めており、地元の作曲コンテストでオリジナル曲"Bouree"を披露。この時から既に頭角を現し、審査員から高い評価を得ていたそうだ。
高校は同じニューヨーク州にあるニューロシェル高等学校に入学。
在学中はピアノの練習に飽きてしまい、バッハやベートヴェンを自己流でアレンジして演奏する日々を過ごす。また、この時期はギターでの作曲も行っており、「第二のボブ・ディラン」を目指していたという。

その後、ニューヨーク大学へ進学し、卒業する頃の目標はロック・スター、またはレコーディング・アーティストになることだった。
しかし、BMIミュージカル・シアター・ワークショップで出会ったリーマン・イーグル(Lehman Engel)と出会ったことにより、ミュージカル曲の世界に足を踏み入れることとなる。
ここから数多くのミュージカル作品に携わることになり、1977年には後にタッグを組むこととなるハワード・アッシュマン(Howard Ashman)と遭遇。
その2年後である1979年には、ミュージカル『Kurt Vonnegut's God Bless You, Mr. Rosewater』で初共演を果たしている。
1982年には『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(The Little Shop of Horrors)で再度共演。この作品が大ヒットし、世界中でツアー公演を行い、当時のオフ・ブロードウェイの最高興行収入を記録している。
また、この映画の主題歌”Mean Green Mother From Outer Space”の作詞・作曲を行ったハワードとアランは、初めてアカデミー賞にノミネート。翌年にはBMI特別功労賞を受賞することとなった。
ここで知名度を上げたハワードは1986年にウォルト・ディズニー・スタジオ製作の映画『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』の楽曲の作詞を担当。
この時、ハワードは数年後に発表が予定されていたあるプロジェクトのオファーを受けていた。
それが、1989年に発表された『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)である。
今作は約30年振りとなるおとぎ話をベースにした映画だったため、プレッシャーも相当大きなものだっただろう。
しかし、ハワードとアランが『リトル・マーメイド』用に作曲した楽曲達は、完璧なものだった。特にハワードは作詞だけに留まらず、音楽のスタイルやキャラクターの表情、キャストの重要性なども製作チームに要求。このおかげで、「音楽」「キャラクターの動き」「歌声」が完璧に融合したアニメーションが誕生したのだ。
結果、『リトル・マーメイド』(The Little Mermaid)は商業的にも大きな成功を収め、ハワードとアランが作詞・作曲を行った楽曲達も高い評価を獲得。
同年に行われたアカデミー賞では、主題歌”Under the Sea”が「アカデミー歌曲賞」、そしてアラン個人としては「アカデミー作曲賞」を受賞することとなった。

The Little Mermaid - Track Listing

No.TitleWriterRecording ArtistLength
1.Fathoms BelowAlan Menken, Howard AshmanShip's Chorus1:41
2.Main TitlesAlan Menken, Howard Ashman-1:26
3.FanfareAlan Menken, Howard Ashman-0:27
4.Daughters of TritonAlan Menken, Howard AshmanKimmy Robertson0:38
5.Part of Your WorldAlan Menken, Howard AshmanJodi Benson3:13
6.Under the SeaAlan Menken, Howard AshmanSamuel E. Wright3:12
7.Part of Your World (Reprise)Alan Menken, Howard AshmanJodi Benson2:15
8.Poor Unfortunate SoulsAlan Menken, Howard AshmanPat Carroll4:49
9.Les PoissonsAlan Menken, Howard AshmanRené Auberjonois1:33
10.Kiss the GirlAlan Menken, Howard AshmanSamuel E. Wright2:41
11.FireworksAlan Menken, Howard Ashman-0:38
12.JigAlan Menken, Howard Ashman-1:32
13.The StormAlan Menken, Howard Ashman-3:18
14.Destruction of the GrottoAlan Menken, Howard Ashman-1:52
15.Flotsam and JetsamAlan Menken, Howard Ashman-1:22
16.Tour of the KingdomAlan Menken, Howard Ashman-1:24
17.BedtimeAlan Menken, Howard Ashman-1:20
18.Wedding AnnouncementAlan Menken, Howard Ashman-2:16
19.Eric to the RescueAlan Menken, Howard Ashman-3:40
20.Happy EndingAlan Menken, Howard AshmanDisney Chorus3:11

-Reviews
-, , , , , ,

© 2022 Tororopizza Music Magazine