Reviews

エンターテイメント性の高いジャズの名盤『ライブ・アット・バードランド』(Live at Birdland)- ジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)

『ライヴ・アット・バードランド』(Live at Birdland)- ジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)

『ライブ・アット・バードランド』(Live at Birdland)は、ジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)が2003年にリリースしたライブ・アルバムである。

偉大なギタリストであるバッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli)を父に持つジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)は、6歳になる頃からギターのレッスンを開始。10代でベニー・グッドマン(Benny Goodman)、レス・ポール(Les Paul)、ズート・シムズ(Zoot Sims)、スラム・スチュアート(Slam Stewart)らと共演し、早くも頭角を現し始める。

その後も父バッキーから「ジャズの基本」を学び続け、23歳になる1983年にはデビュー・アルバム『アイム・ヒップ』(I’m Hip)をリリース。父譲りの軽快なバッキングに加え、ジョンの特徴である陽気なボーカルが交わったこのアルバムは、一定の評価を獲得した。

デビュー・アルバムで自身のスタイルを確立したジョンは、アルバムを重ねる毎にギター、ボーカルの腕を上げていき、徐々に知名度を獲得。現在では、スタイルこそ違うもののバッキー・ピザレリに勝るとも劣らない「ジャズ・ミュージシャン」として、世界に知られている人物だ。
ちなみにここ日本においては、父バッキー・ピザレリよりも高く認知されており、ブルーノート東京、コットンクラブなどで公演を行うことも少なくない。

今回紹介する『ライブ・アット・バードランド』(Live at Birdland)は、ジョン・ピザレリがニューヨークのジャズクラブ「バードランド」で行ったライブを収録したもの。
本アルバムが素晴らしいのは、エンターテイメント性の高いジョンのライブ・パフォーマンスが余すことなく録音されているところだ。

通常、ライブ・アルバムは曲間のMCがカットされていることが多いが、今作はジョンの軽快なトークもしっかりと含まれている。
これにより、聴いているだけで「ライブならではの雰囲気」が味わえ、まるでニューヨークにライブを聴きに来たかのような錯覚を覚えるほど。
ジャズ・アルバムにおいて、ここまで”ライブ感”のある作品は中々お目にかかれないだろう。

また、収録曲に素晴らしい楽曲達が選ばれている点も見逃せない。
選曲はジャズスタンダードを中心に、ジョンのオリジナル曲が数曲含まれている。

ジョンが好んで演奏するアップテンポな”Just You, Just Me””This Song Is You”は、ジャズの楽しさが存分に詰まったスウィンギーな楽曲。
また、ジャズスタンダードからは美しいバラード曲”They Can't Take That Away from Me”、 ナット・キング・コールのカバーで有名な”It's Only a Paper Moon”を収録。どちらもキャッチーに歌い上げており、楽器隊も素晴らしい演奏を見せている。

自身の故郷であるジャージー州を歌った”I Like Jersey Best”では、ポール・サイモン、ボブ・ディラン(?)、ビーチ・ボーイズ、スティング、マイケル・マクドナルド、ジェームス・テイラーらを模したアレンジで、ジャズの枠を超えたプレイを披露。7分を超える大作だが、全く飽きさせることなく楽曲を完成させている。

個人的におすすめなのは、ボーカルのグローバー・ケンブル(Grover Kemble)が参加している”Headed Out to Vegas””My Castle's Rockin”の2曲。
理由はグルーブ感溢れるグローバーの歌声と、ジョンのスウィンギーなバッキングが見事にマッチしており、楽曲に「愉快」が溢れているから。
これはまさに、エンターテイメント性の高いジョンだからこそのパフォーマンスと言えるだろう。

楽器隊は、ベーシストに弟であるマーティン・ピザレリ(Martin Pizzarelli)、ピアノにレイ・ケネディ(Ray Kennedy)とお決まりのメンバーが集結。
本アルバムでも安定した演奏を見せており、ドラムレスとは思えない音の厚みでジョンのプレイを支えている。

40年以上に渡る活動期間の中で、30作以上のアルバムをリリースしているジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)。
その中でも、『ライブ・アット・バードランド』(Live at Birdland)はジャズ好きでなくとも楽しめる作品であり、ジョン・ピザレリの魅力が詰まった「ジャズの名盤」と呼べるアルバムなのだ。

Live at Birdland - Track Listing

No.TItleWriterLength
[Disc 1]0:06
1.Introduction-0:06
2.Just You, Just MeJesse Gree, Raymond Klages4:41
3.The Frim Fram SauceRedd Evans, Joe Ricardel, Joe Richards5:31
4.This Song Is YouOscar Hammerstein II, Jerome Kern0:10
5.Isn't It a Pity?George Gershwin, Ira Gershwin4:14
6.Rhode Island Intro-1:04
7.Rhode IslandHoward Dietz, Arthur Schwartz3:45
8.Ray Kennedy Library of Congress Story-4:13
9.Gospel Truth-5:22
10.Ray Kennedy Dizzy Gillespie Story-3:14
11.Tea for TatumJohn Pizzarelli5:05
12.James Taylor Intro 1-0:11
13.Don't Let Me Be Lonely TonightJames Taylor3:14
14.James Taylor Intro 2-1:02
15.Mean Old ManJames Taylor3:49
16.ManhattanLorenz Hart, Richard Rodgers4:12
17.Rosemary Clooney Story-2:31
18.Moonlight Becomes YouJohnny Burke, James Van Heusen3:18
19.Final Intro-0:29
20.Will You Still Be Mine?Tom Adair, Matt Dennis4:24
[Disc 2]
1.Introduction-0:20
2.Three Little WordsBert Kalmar, Harry Ruby4:30
3.They Can't Take That Away from MeGeorge Gershwin, Ira Gershwin6:04
4.Oh, How My Heart Beats for YouJohn Pizzarelli4:27
5.The Day I Found YouJohn Pizzarelli3:09
6.Polliwog Story-1:44
7.It's Only a Paper MoonHarold Arlen, E.Y. "Yip" Harburg, Billy Rose7:41
8.Stompin' at the SavoyBenny Goodman & His Orchestra, Andy Razaf, Edgar Sampson, Chick Webb4:44
9.Better Fun Before It's SpringJohn Pizzarelli, Linda Rose3:40
10.Grover Kemble Story-2:55
11.Headed Out to VegasGrover Kemble, John Pizzarelli3:55
12.Medley: Gee Baby, Ain't I Good to You/Baby, Baby All the Time/Midnight BlueMichael H. Goldsen, Neal Hefti, Andy Razaf, Don Redman, Bobby Troup5:29
13.I Like Jersey Best Intro-0:57
14.I Like Jersey BestPhil Bernardi, Joe Cosgriff8:28
15.My Castle's RockinAlberta Hunter3:55
16.Baby Just Come Home to MeJohn Pizzarelli3:14

Live at Birdland - Credit

ジョン・ピザレリ(John Pizzarelli)- ボーカル、ギター
レイ・ケネディ(Ray Kennedy)- ピアノ
マーティン・ピザレリ(Martin Pizzarelli)- ベース
グローバー・ケンブル(Grover Kemble)- ボーカル

-Reviews
-, , , ,

© 2021 Tororopizza Music Magazine